キャンディーブッフェにはどんなお菓子が使われる?

ハワイの邸宅ウエディング キャンディーブッフェ

欧米スタイルの結婚式でよく見るキャンディーブッフェは、近年では日本の披露宴でも取り入れる方が増えてきている人気の演出。お子様や女性ゲストに大変喜ばれ、会場を華やかに彩るだけでなくお写真映えもするため、フォトブースの役目も果たします。見て良し食べて良しのおすすめのデコレーションですね。キャンディブッフェは、挙式会場でのセッティングでも良いのですが、式場の滞在時間は長くても60分程。せっかくでしたら、滞在時間の長いレセプションパーティー会場で、じっくりゲストにも披露して会話を楽しみながらドリンクと一緒にゆったりと味わいたいものです。

ハワイウエディングの場合、一般のレストランでは残念ながら周囲のお客様へのご配慮からセットアップの許可がいただけません。もし、許可をいただけたとしても色々な制限があり、なかなか想い描くイメージにはなりにくいのが現実だと思います。やはり、おすすめは邸宅・一軒家やホテルのバンケットルーム、ガーデンなどのプライベートスペースの貸し切り会場でのレセプションパーティーです。どうしても「キャンディーブッフェがしたい!」という場合は、準備段階から以下の要点も検討内容に取り入れましょう。

  1. レセプションパーティーは、プライベート(貸し切り)の会場を選ぶ
  2. 挙式会場選びと並行してレセプションパーティー会場も一緒に相談する
  3. おおよそのゲスト人数を想定しておく
  4. 挙式時期を明確にしておく
  5. 挙式費用にかけるおおよその予算を決めておく

1.2.に関しては、キャンディブッフェを行う環境として最も大事です。3.4.5.に関しては、これらの内容でレセプションパーティー会場が決まると言っても過言ではありません。コーディネーターに相談する前に、わかる範囲でまとめておくとよりスムーズですね。

ハワイ結婚式のキャンディーブッフェコーナー

レセプションパーティー会場が決まったら、次はイメージ作りです。特に、新婦様にとっては一番楽しみな部分でもあります。予めお好みのテーマ(ロマンティック、モダン、エレガント、ポップ、ナチュラル、ラスティック等)やテーマカラーを決めて、それに合わせて以下のようなお菓子やおつまみをガラスポットやスタンドにデコレーションします。

メインには、テーマに合わせたイメージのウエディングケーキ。そして、アイシングクッキー、カップケーキ、ケーキポップ、マカロン、グミ、ポップコーン、キャンディー、ロリポップ、チョコレート、キスチョコ、M&M’s、マシュマロ、ガム等・・・。スイーツ類の他にお花や小物、バナーやメニューボード、タグ、ハニカムボールやガーランド等を一緒にテーブルに飾ります。お花や飾る物がシンプルでも、テーブルクロスの色味だけでグッとインパクトを与えるのでうまく活用しましょう。

テーマによって、並べる食べ物にこだわるのも個性があっておすすめです。例えば、ナチュラルやラスティックをテーマにする場合は、お菓子もひと工夫してオーガニック系の焼き菓子やパウンドケーキにしたり、ナッツ類、野菜スティックやバーニャカウダー、チーズ、ハーブウォーターのドリンクサーバー等を一緒にセットアップするのも良いですね。日本の方は、スイーツだけではなくビールやワインのおつまみに合いそうなものも添えると喜ばれます。

このように、ざっと考えるだけでも色々なアイデアが浮かんできますね。コーディネーターと相談しながらオリジナルのキャンディーブッフェコーナーを演出してみてはいかがでしょうか。ハワイウエディングのレセプションパーティーやキャンディーブッフェに関するご相談はお気軽にご連絡くださいませ。

f-home

ハワイウエディング専門店 F.UNITED WEDDING HAWAII

スポンサーリンク
aloha336
aloha336